はちゃめちゃゲイ道中in アメリカ
アメ人彼氏をゲットするために日夜努力に励むゲイのブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Chat


今夜はちょっとhornyな気分になったので掲示板でいい男あさりでもしてみることに


したらすぐにhornyなwhiteがチャットしてきた。


「Hi . . . 」


初めてみる男だったけど、身体も筋肉の上に適度に肉が付いててかなりの俺好み。てことで返事を送る。

すると


「You said "I do need you . . ." What would you like?」


おいおいそんなこと俺言った覚えないぞ?と思いつつも軽く疑問形で返事をしてみると


「I was just referring to your headline . . . . Sometimes being single can be very fun. What are you doing now besides checking your messages」


ああ、俺の出会い系のプロフを見たのか。納得。


たぶんこの文脈で相手が期待してること(チャットセックス)はわかったんで、映画行ったり、クラブ行ったり、もちろんjerk off(オナニー)したりしてsingle lifeを楽しんでると送る。


するとやはり期待通りの返事が。


「I'm glad that works out. . . . I'm in my boxers now and playing with myself with my right hand. What are you wearing? (I really want to know.)」


向こうはもうパンツに手を入れて始めてるらしい。


ということで俺は今CKのボクサー一枚でメールを書いてると返信。


すると

「Are you still wearing your boxer? Did you just take it off? I just took off mine, and now it's just me and my cock, and you on the other end. 」


もうやる気満々な彼。(35才)


テンションはとどまることを知らず


「I'm sitting right in front of my keyboard, keying with one hand most of the time when strokcing myself. What do you like doing? Kissing, sucking, etc.? I'm imagining rubbing my body again yours while looking at you face to face. . . .」


暴走しすぎ。


しかし俺も思いっきり合わせてエロいこと送りまくったり。


「imagining that I'm kissing your huge well-muscled body... 」

は俺が言った中で久々の名言だったと思う。


んで定番のあの言葉がきて


「I'm about to come . . . I'm coming . ......」


彼は果てた。


俺は立ってもいないけどな。


「Well, nice meeting you. (kiss)」


で彼は去っていったけど


もし会えるなら来週ホテルでも行ければいいんだが。


チャットでいくら愛の言葉を語るより、会って大きな胸に抱きしめられた方がよっぽどいい。


たとえそれがその場限りの愛情だとしても。


一人でオナニーするより、誰かの欲望の刷け口になったほうがまだましだ。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

vermillion

Author:vermillion
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。